柳沢慎吾さんが猿の惑星?スゲェ!ハリウッド進出かぁ~
オイオイ!
騙されたwww

柳沢慎吾さんがサル役でチョイ出演するんかと思ったやん♪
なんですか、メイクが必要ないってwww


ついでに柳沢慎吾のことを考えてみた
なんというか最近かしましいですよね~日本で変なことというのが起きすぎてませんか。
往来通りの手風ですけど本日は猿の惑星を主として語りたいと思います。
もちろんホットな情報にわらわらと集まることなど大抵の人は本能ですよね。

僕もそうです。
そもそもなんでこれだけ話題にされているんだと思います?ここについてが興味深さのある箇所なんだな。
昔は無かったできごとなため関心が多く、そのうえもっと深くまで調査したくなってしまいます。
そのようなケースにはやられちゃいました。

よもやこんなにまで手ごわいだとは思いもしませんでした。
もはや市民から注目の塊となっている柳沢慎吾あっちを見てもこっちを見たってここの話題で燃えまくり。
この方そのものに宣伝ポイントがある気がするけどこれのことっていくらなんでも予想できないことでしょう。
これでこれまでの雰囲気が完全に変わってます。

本物の雰囲気はどのような感じなのかな?

ちょっとでも本人を拝見しに行こうと思ったほどまでの素晴らしさですね。
そのうえ猿の惑星に対しての効力もあり何倍もの興味深々。

このケースは絶対に逃すことのできない話しの種です。
今でこんだけ話題性になっている事実を見たら、これからの展開は大いに期待できそうかもと感じました。
このニュースを追ったら、三食食べることも面倒くさくて一心不乱になってますよね。
熱狂するほどの話題を提供しまくってくれた猿の惑星それと柳沢慎吾についても感謝です。
この後もしばらく、ちょっと深く追求してみようと思います。

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告A

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』公式アカウント。
誰も知らなかったクライマックスが遂に明かされる!
いよいよ地球は猿の惑星へ!
【2017年10月13日(金)全国ロードショー】

前作『新世紀』から2年。
愛する者を失ったシーザーと彼の抹殺をもくろむ人類。
極限の怒りと葛藤のドラマが交錯するとき、猿と人類の“人間性”をかけた“聖戦”が始まる。

高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描き、まさに全世界震撼の大反響を呼んだ『猿の惑星』シリーズ。
『創世記』『新世界』に続き、『聖戦記(グレート・ウォー)』と命名された最新作では、地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりが、ついにクライマックスを迎える。カリスマ的な猿の主人公シーザーが、リーダーとしての使命感と、家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核にした映像世界には、観る者の胸を締めつけるエモーションが息づき、新たに登場する謎めいた少女ノバの存在からも目が離せない。はたして地球の未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは猿か、それとも人類か。誰もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマが遂に今明かされる!

柳沢慎吾『猿の惑星-』でまさかの猿役に「ピッタリだな!」

タレント、柳沢慎吾(55)が31日、米映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」(マット・リーヴス監督、10月13日公開)の日本語吹き替え版で声優を務めることが分かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00000025-sanspo-movi

猿の惑星:聖戦記
柳沢慎吾 声優
猿の惑星-映画 猿の惑星 聖戦記
マット・リーヴス監督

アフィリエイトツールの価格破壊